セカンドオピニオン

ご存知の通り、セカンドオピニオンとは主治医とは別の医師に診断や治療方針などに対する意見を求めることを言います。

この言葉自体は広く知られるようになりましたが、実際に行っている方はほとんどいらっしゃらないというのが現状です。

その理由としましては「今かかっている病院の先生との関係が悪くなりそうだから」といった心配が多いようですが、実際はセカンドオピニオンによって主治医との関係性が悪くなってしまうようなことはほとんどありません。

ご自身に最も合う治療を、納得して続けていくためにも、セカンドオピニオンを有効活用して頂ければと思います。

  • 脳下垂体異状によるホルモンの病気
  • 脳外科疾患一般
  • がん 等

30分 5,000円

セカンドオピニオンに行く度に再検査をしていると、その分費用がかかってしまいます。
そのため主治医の先生にお願いして検査結果をご持参頂くのがお勧めです。
ただし「セカンドオピニオンに行くので検査結果をください」とは言いにくいかと思います(本当はこう仰って頂いても全く問題ございませんが)。

そこで、セカンドオピニオンとは関係なく普段から検査結果は必ず受け取るようにしておくと良いでしょう。
ほとんどの病院では、患者さまからの依頼があれば検査結果を紙やデータでお渡ししており、診察中の医師でなく受付でも対応してもらえるはずです。
将来何かあった時に過去の状態と比較する重要な情報にもなりますので、普段から検査結果はもらう癖をつけるようにしましょう。

※当クリニックでは、患者さまからのご依頼がなくても、すべての検査結果をお渡ししています。